マップス・シェアードワールド -翼あるもの- :感想
ソフティカ

つーわけでソフティカさん、のつもりで描いていたら
ミョーに大人びてしまいました、違うんだ! ソフティカさんはもっと、こー…!!
ソフティカさんの髪色って設定あったんでしょうか…?

2月15日にGA文庫から
「マップス・シェアードワールド -翼あるもの-」が発売されました。
長谷川裕一さんの漫画「マップス」の世界観をスタート地点とし、
各作家が新しい世界を作り上げていくシェアードワールド形式で作られた
小説アンソロジーです。

掲載作家さんは
笹本祐一さん、中里融司さん、秋津透さん、古橋秀之さん、重馬敬さん、新城カズマさん
口絵イラストとして村枝賢一さん、三浦建太郎さん、麻宮騎亜さん
表紙と各作家さんの小説扉ページイラストを長谷川裕一さんが描かれています。

シェアードワールドという言葉自体になじみがあまりなかったのですが、
各作家さんが「マップス」の世界を舞台に自分が描きたいコトを思う存分に書かれていて、
読み終えるころには「こういうのも面白い!」と思えました。

以下、ネタバレを含む感想ですので、
まだお読みでない方は読まれてからどうぞ。

笹本祐一さん「迷子の宇宙戦艦」
「自分が描きたいコトを思う存分に!」書いてるなーと思えた作品。
初盤のリプミラ号の対戦艦戦のくだりはワクワクしました。

中里融司さん「流星のジュディ」
これはぜひとも続編が読みたい。マッチョなリープタイプには驚かされましたが。
シアンと会ったり、運び屋仕事を続けたりでまだまだ書けそうなお話です。

秋津透さん「ソフティカ・リップ放浪記」
マップスラストの「あのコマ」へとつながる作品!
マップスの中ではソフティカさんはかなりのお気に入りキャラなので嬉しいです。

古橋秀之さん「町からきた先生」
今回の作品の中で一番のお気に入り。
文体も自分好みで、全体的な穏やかなイメージが好き。
マップスを使ってこういうのもアリなんだと思った作品でしたが、
ラスト、マップスの世界観にこう繋げてきたのか! とわかった時はジーンとしました。

重馬敬さん「宙(そら)に往く船」
いろんな意味で、一番長谷川作品に近い作品だと思います。
なんか、こう、そのまま長谷川漫画を読んでるような感覚さえ…。

新城カズマさん 「さよなら三角、また来てリープ」
シェアードワールドというのはこういうのもアリなんだ! と強く思えた作品。
「あの頃のSF少年たち」が読んだら
涙なくしては読めない作品だと思います。


こんないろんなティストでマップスが読めるというのは面白かったです。
是非とも続刊を希望します!
次は新井素子さんに是非!!
【2008/02/21 14:09】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top▲
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sozin.blog35.fc2.com/tb.php/33-d38029dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
お知らせ

マイペースで漫画描きを
再開しています

完成後には
Pixiv等で公開予定です

更新告知用Twitter
@SozinAkasaka

Pixiv

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

プロフィール

ペンネーム
 赤坂素人
 Sozin Akasaka

サークル名
 Magical☆Cafe

創作メイドさん漫画で活動中

ピクシブ


月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード