Inkscape記事、コツコツ更新
記事の日付を意図的に過去にしてるから、このブログのトップにはこないけど
mdiapp関連で書き始めたInkscapeの解説記事がコツコツと出来上がっています。
Inkscapeそのものに関してはあと一つで完成。

一連の記事は、漫画描かない人にはさっぱりだし、
描く人であっても自分の描き方と異なれば
かなりなにがなにやらな記事ですが、

これって使うソフトはちょっと違いますが、
自分が以前からやってきた漫画の描き方を総まとめしてる感じなんです。
PCで漫画を描くようになってから、試行錯誤の末
あんな感じで漫画描いてるんです。

なんとなく、総決算、みたいな感じもして、
またああいう解説記事作るのが大好きなので、
すごく楽しんで記事書いてます。
完全に自己満足で記事作ってますが、参考になる方がいれば嬉しいです。

もう慣れたからチャッチャカPCで漫画作成できるけど、
言葉にして説明するとかなり面倒そうな事やってきたんだなーと思います。
記事に一区切りついたら、ぼちぼちイラスト、漫画作成に戻りますよー。


以後、Inkscape関連記事。漫画作成に興味ないかたは意味不明です。
PCでセリフ打ちに関する記事です。
【続きを表示する】
【2010/05/31 00:45】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top▲
あぁ! 科学の子の方か!!
拍手お返事でも書いたけど、
「ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘」の「ららら」は
鉄腕アトムの歌詞からだそうです。そういわれれば確かに!

ちょっとネットで見てみましたが、「ゲゲゲ」「レレレ」に比べ
「ららら」=アトム=手塚 になかなか繋がらない人も多いようで、
なんだかちょっと安心した。

ちなみに自分にとって手塚に初めて触れたのは
図書館にあった「火の鳥」かなぁ?

「火の鳥」「はだしのゲン」「小さな恋の物語」が図書館の漫画三種の神器。


●Inkscapeに問題点が…
先日から記事を書いているInkscapeですが、
日本語の縦書き表示が不完全なことを知りました。
縦書き文字
これ、紙コップ 持ってきて ちょーだい。「えぇ…」 を
Inkscapeで縦書きにしたもの。

小さい「つ」や「よ」、長音記号など、本来縦書きなら縦書き用文字に
切り替わるはずなのに、Inkscapeはそれに対応できないようです。
この状態では、漫画のセリフ打ちに使用することに致命的。

対応方法はないわけではないのですが、かなり面倒な方法になってしまいます。

まぁ、mdiappの併用ツールとしてInkscapeを使う場合、
セリフはmdiappで作成するのを推奨するので、
この点について大きな問題ではないのですが、
mdiapp以外のソフトを使用する方の参考になるかと
枠線、セリフ打ち、ふきだしの一連をInkscapeでやってみる記事を
書こうとしていたのに…。

今後、対応されることを祈りつつ、記事を作ってみる気ですが、
日本語対応しているとはいえ、元々は海外のソフト。
日本語テキストの、さらに縦書きというかなり限定された問題点が
改善されるようになるのはかなり先のような気がします。
【2010/05/25 01:04】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top▲
拍手お返事:らららって!
手塚治虫の娘が「らららの娘」って
鉄腕アトムの歌からか!!!! 全く思いつかなかったです。

あと、関係ないけど、さいとうたかをの娘なら「・・・の娘」なのかな?
【続きを表示する】
【2010/05/25 00:38】 | 拍手お返事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top▲
ゲゲゲの女房話ですが。
つい先日うちの母が
「ゲゲゲの女房」の関連本だと新聞で広告されていたとして

「ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘」という本を購入。

タイトルから想像つくとおり、
水木しげる、赤塚不二夫、手塚治虫の娘たちが父を語る対談本です。
タイトルの語呂をよくするためとは言え、
手塚を「ららら」で表現するのはかなり厳しいかと。
宝塚のイメージだとは思うのですが…。

で、読んだ母曰く、「漫画作品の話が多く、さっぱりわからなかった」そうです。
今日から私が読み始めましたが、
たしかに昔からあまり漫画に触れていない母に、
レッツラゴンのベラマッチャ、とか書かれていても意味不明でしょうね。


というわけでまだ読み始めですが、漫画好きで、
水木、赤塚、手塚をよく知ってると、この本はとても面白いです。
漫画家の娘としての苦労や、各作家の素顔や破天荒な性格、トンデモなエピソードが書かれ
娘だから言える作品の感想や、
肉親だから感じ取れる、作品から得られた事などが語られます。

手塚治虫の愛読者だった水木の娘が、
読み終わって楽しい気持ちで布団に入れる手塚漫画にくらべ、
水木漫画は、登場人物のその後を鬱々と気にして眠れなくなると
「お父ちゃんの漫画には未来がない!」といって大喧嘩になったエピソードが笑えました。

私個人としては、ドラマ「ゲゲゲの女房」よりも楽しめる本かもと思いましたが、
さすがにこれをドラマの関連本と広告するのはかなりな便乗だと思います。


●Inkscape記事追加してます。

ちょこちょこと記事を作成して、昨日一気に記事3本追加しました。
Inkscapeの基本から、ふきだしの作成記事まで。
あとこれに実際の使用方法を記事にして完成です。


●最近思ったこと
グレープジュース(100%)は、オレンジやりんご、グレープフルーツジュースよりも
一段階格上な感じがするのは何故なんだろうか?
あ、あとオレンジ、グレープフルーツは飲むとビタミン!って感じだけど、
グレープは「滋養」って感じがする。りんごもちょっとその傾向アリ。

ここまで書いて、りんごジュースで透明なのとにごってるのあるよなーと思いつつググったら。

おいしいりんごジュース 「混濁」と「透明」(@まるごと青森)

もともとにごっているのをろ過して食物繊維などの果肉成分を取り除いたのが透明タイプ、
でもそれでろ過される食物繊維は微量なので、栄養に関しては大差なし。
ただし、にごったタイプはよいりんご果汁でないと色がキレイにならない。
よって、にごったタイプの商品はよいりんご果汁を使用! だそうな。

そう考えると、にごったタイプの方が高級品の可能性が高いかも?
私は透明もにごったのもどっちも好きだなー。
【2010/05/23 00:45】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top▲
Inkscape記事はじめました
というわけで先日書いた、
Inkscapeというソフトを漫画作成補助ツールとして
使用する記事に着手しました。
まずはイントロダクション。
ここからあまり日をあけずに一気に記事にしていくつもりです。


mdiappでふきだしを作成する記事は、
いままで通常ふきだし、雲形ふきだしの二つを書いており、
記事の冒頭に音夢、芙美夜のイラストをつけていました。
実はこれの他に叫んだ時に使うような爆発形ふきだしの
作成記事も作っており、
その作り方があんまりにも面倒な作り方なので、さすがに封印してました。
で、その記事の冒頭用に「メカクレ☆ぱーてぃ」のぐるぐる眼鏡こと真奈子の
イラストも描いていたのですが…。
折角だからイラストだけでもアップしようと思ったら、
Inkscapeの記事にいよいよ着手するため、この記事自体は
もう公開することもなかろうと、ほんとについ先日削除したのを思い出しました。
ごめん、真奈子。


ところで、今回の記事でふきだしの作成に触れるので
いくつかの漫画のふきだし形状がどうなっているか見てましたが、
最近は通常ふきだしと叫び用の爆発ふきだしがメインで
雲形ふきだしを使っている人少ないんですね。
ふきだし各種

通勤時に前に座っていた人が読んでたジャンプみてみたら、
通常2:爆発8ぐらいの使用率。ジャンプだからか。

4コマ系、オタ向け系を確認してみたけど
雲型使用率低いですわー。
私は「叫ぶほどではないけど、大声」といったセリフで
雲形ふきだし多用するんですが、
もはや古いタイプのふきだしなのかも…?
【2010/05/18 23:56】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top▲
お知らせ

マイペースで漫画描きを
再開しています

完成後には
Pixiv等で公開予定です

更新告知用Twitter
@SozinAkasaka

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

プロフィール

ペンネーム
 赤坂素人
 Sozin Akasaka

サークル名
 Magical☆Cafe

創作メイドさん漫画で活動中

ピクシブ


月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード