「いぬポリ」委託に関してお知らせ
昨年冬コミに発行した「いぬポリ」
とらのあな様で委託販売をしておりましたが、
つい先日、委託していた分が完売しました。

今までの本に比べ、売れ行きのペースが良好だったので
思い切ってとらのあな様に追加委託していただけないかどうか問い合わせたところ、
追加委託していただけることになりました。

右上のリンクから飛べる委託販売ページでは
現在発注不可となっていますが、近日中に再開します。


いやーダメモトで追加できないか問い合わせてみてよかった。
やっぱり自分で行動しないと何事も始まりませんね。

創作健全4コマ漫画なもので、委託冊数とかは他の人から見れば本気で
微々たる冊数で、それでも受け入れていただけるとらのあな様には感謝です。
【2009/03/17 00:07】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top▲
拍手お返事:ちゃんぴよーん
年の離れた兄の友人が昔単行本を持って関係で、
かなり後になってから「マカロニほうれん荘」を揃えました。
最終巻の9巻がなかなか見つからなくて大変だったなぁ。

あれを超えるギャグ漫画にはまだ会ってない。
【続きを表示する】
【2009/03/16 23:59】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top▲
ベンジャミン・バトン原作読みました
現在公開されている映画「ベンジャミン・バトン」に原作があることを知り、
角川文庫から出ていることもわかったので早速購入しました。
現在公開されている映画の原作ともあり、本屋でも平積みでした。

短編だとは聞いていましたが、これほどの短編だとは思いませんでした。
ページ数にして50ページ。厚みはこんな。
小説の厚み
これをよくもまぁ、上映時間182分の作品にしたものだと読んでみましたら、
原作、というか原案、という感じでもない作品でした。

同じ部分はタイトルでもあり、主人公の名前でもある「ベンジャミン・バトン」
「老人として生まれ、若返る男」という一番根幹の部分のみ。

ちなみに、映画の感想でも書きましたし、
これくらいならネタバレにならないと思うので書きますが、
「老人として生まれ」という部分、
映画版では赤ちゃんの姿だけど皮膚や筋肉が老人としかいえない状態で生まれますが
原作版では体の大きさや姿形がどう見ても70代の老人(ヒゲ付き)で生まれた、という設定。

原作ではそんな「赤ちゃん」が誕生してしまったことに対する病院の混乱や
かたくなに見た目老人を「赤ちゃん」として育てようとする
バトン家の人々のやりとりが滑稽に描かれます。

ちなみに映画版では第一次世界大戦終了後で物語が始まりましたが、
原作版は南北戦争終了後。
周囲の人間の対応や、ストーリーの流れは映画版とは全く別物
(正確には映画版が原作とは全く別物、なワケですが)

方向性としては鬱展開。コミカルなやり取りもあるのですが、哀しいお話でした。
この原作、つまりは
「若い頃に戻りたい」と願う中年に、まっとうな時の流れの元に生きることが
どれほど幸せなことなのかを説く、大人のための童話という感じ。

主題がぶれながら展開したため長々とした作品になった映画版にくらべ
短編小説だからというのもありますが、原作版は一本筋がしっかりしてる。
でもこれを原作そのままに映像化しても、いい作品にはならないんじゃないかな、と。
「現実的にはそうなるよな」という部分が哀しくて、ねぇ。


●mdiappのTIPS更新しました。
今回は「ディザでトーンを削る」カッターでトーンを削ったような表現を
ブラシのディザモードで行うというもの。
昔からPhotoshopでも使われてきている手法なのですが、
それをmdiappで行うのはこういうやり方ですよーというのを解説。
・「ディザ合成」でトーンを削る

で、その記事用に描いたイラストがコレ。
耳、しっぽ、地面、しっぽ周囲の円、ほっぺ、リボン止めのハイライトに
その削り手法を使用しています。
ディザ削り
【2009/03/12 00:02】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(4) | Top▲
いろいろ情報
ベンジャミンバトンの原作を購入してみたり、読み終わったりしてるうちに
書きたいことが溜まってます。
ベンジャミンバトンの原作の話はまた後ほど。

●mdiapp新機能は、『3Dパースオブジェクト(Vector) & 3Dスナップ機能』
>3Dツールを持っていなかったり、使いこなせなくても、簡単に背景や立体の当たりを取れるようになるもの。
だそうです。
口で説明するよりも実際見本を見てもらった方がいいでしょう。
製作者さんの日記のココココを見てください。

最初に情報が公開されたときはホントに簡単なアタリを取っていくための機能
といった認識でしたが、3Dデータを取り入れてかなり細かいものまで
3Dで動かせるようになっているみたいです。
製作者さんの日記で挙げられているフリーで公開されている3Dデータを
使用すれば、さまざまな角度から見た鎖鎌や大八車が描けるという訳に!
実装が楽しみですねー。
あとはふきだし作成周りが整ったら実用性がガンとアップするんだよなー。

●ブクログについて
ちょっとだけブログパーツを置いてみたブクログですが、
配置する本がランダムで配置されないか問い合わせたところ、
現状では難しいとの返答をいただきました。
自分が挙げた素人考えの提案についても丁寧かつ真摯に対応していただき、
正直テンプレの返信が返ってくるだけだと思っていたので驚きました。
ブクログのスタッフさんの好感度高いわー。
今後、ランダム配置ができるようになったらいいなーと思いながら
ブクログの利用を続けてみようかな、と。
本をそろえたら、ブログパーツではなく、ブログから普通にリンクする形で
自分の好き漫画を紹介してみようと思ってます。

●チャンピオン情報
覚え書きの意味も込めて。

チャンピオン創刊40周年 あの名作が描き下ろしで蘇る(@コミックナタリー)

チャンピオンの歴史を飾ったあの名作を、作者本人の手による新作読みきりで掲載!
各作品の掲載予定日はリンク先を見てもらうとして、ラインナップは以下の通り!
「ドカベン」
「マカロニほうれん荘」(カレンダーで登場)
「750ライダー」
「がきデカ」
「キューティーハニー vs あばしり一家」
「本気」
「恐怖新聞」
「らんぽう」
「プラレス3四郎」
「エコエコアザラク」

マカロニほうれん荘がカレンダーなのは本当に残念なんですが…
あとはドカベンがチャンピオンの歴史の中で
ものすごい大きな位置についているのはわかるのですが、
今もああやって続いている以上「新作読みきり!」とか言われても…
といった感じです。高校生時代の話を読みきりで描くのでしょうが。
個人的な興味は
連載初期に超劇画系、連載が続くにつれディフォルメほんわか絵にシフトし、
現在作家さんの絵が再度超劇画系になっている「750ライダー」が
どの絵でいくのか楽しみです。

【2009/03/11 11:23】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top▲
拍手お返事:ペーパー漫画
去年の冬コミ新刊が、いぬポリで、
音夢シリーズから離れていたのでペーパー漫画は音夢分補給。
【続きを表示する】
【2009/03/11 10:32】 | 拍手お返事 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top▲
お知らせ

マイペースで漫画描きを
再開しています

完成後には
Pixiv等で公開予定です

更新告知用Twitter
@SozinAkasaka

Pixiv

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

プロフィール

ペンネーム
 赤坂素人
 Sozin Akasaka

サークル名
 Magical☆Cafe

創作メイドさん漫画で活動中

ピクシブ


月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード